ニキビ跡に効果的なトレチノインについて

トレチノインはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理的な活性度はビタミンAの約50-100倍あります。
このビタミンA(レチノール)の誘導体は、人の身体の血液中にわずかですが存在しています。
ですから、アレルギー反応を起こすことはありません。
このトレチノイン、米国ではニキビの治療医薬品として、FDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されており、安全性は確認されています。
日本では治療薬として使われることがすくないのですが、アメリカではニキビ治療の第一選択薬にもなっています。
それほど、ニキビに対しての効果は絶大と言うことです。
また、トレチノインは皮膚の若返り薬としても使用されています。
それほど、ニキビに対しては効果を発揮します。
また、 皮膚の細胞のターンオーバーを早くしてくれるため、古い角質をどんどん排出してくれます。
肌がどんどん生まれ変わることで皮膚を押し上げてくれて、そのことでニキビ跡に対しても非常に効果的です。
さらに、皮膚細胞のターンオーバーを活性化することで、角質層メラニンを外へ押出し美肌効果にもすぐれています。
この作用のため、シミへの効果もあります。
皮膚細胞のターンオーバーが早くなると、それだけ肌が早く生まれ変わります。
このことで肌を常に新しい細胞へと入れ替えてくれて、肌の真皮でコラーゲンの分泌を高め小じわにも効果を発揮します。
ニキビの場合はトレチノインのみの使用ですが、美白目的の場合にはハイドロキノンを併用します。
しかし、このトレチノインは保険適用外の薬ですので、普通の皮膚科では処方しないこともあります。
ですから、そのような場合には美容皮膚科や美容整形外科などにいくと処方されます。

トレチノインの効果と副作用

トレチノインは、俗にいちご鼻と呼ばれる鼻の部分の毛穴の気になる黒ずみを治してくれる医薬品として知られています。
こうした毛穴の黒ずみは、一生治らないというわけではなく正しく使用することで改善に導きやすくなります。
トレチノインの塗り方としては、まず最初に普段どおり洗顔を行います。ただ、刺激の強い洗顔料については使用しないようにすることが大事です。
洗顔が終わったら、ビタミンC誘導体ローションを顔の全体へと塗っていってからある程度乾かすようにします。
そこまでの手順を行ったら患部の部分より少し小さく薄めにトレチノインを塗っていきます。
指で塗る方法もありますが、できれば綿棒に浸して使用したほうがより確実といえます。
トレチノインが15分くらい経ってある程度皮膚に浸透した段階で、ハイドロキノンを最初のトレチノインよりも広い範囲になおかつあまり厚くしない程度に塗っていきます。
それから1時間程度経過したら最後に日焼け止めを塗っていけば完了です。
この手順を1日朝と夜の2回塗っていくようにします。ある程度続けておくことで、つい気にしがちないちご鼻を改善することができるようになります。
トレチノインの副作用についてですが、たまに使用後に肌がはがれるなどのトラブルを引き起こすことがありますのでその点は注意をしておきます。
個人輸入の商品を購入して自己流で塗っていくことはあまりしないほうがよいでしょう。使用の際には医師の指示のもとで使っていったほうが確実といえます。
もうひとつ、トレチノインの副作用として使用者がもしも妊婦に該当する人の場合は胎児への影響が懸念されますので、妊婦の使用についてはしないようにすることが定められています。

トレチノインの使い方について

トレチノインはビタミンAの誘導体で、皮膚のターンオーバーを早めてくれる作用があります。
その結果、シミやしわなどに非常に効果的です。
このトレチノインは効果が強いために使用する際は注意も必要です。
使用中は出来るだけ日焼けしなように対策することが必要です。
せっかくシミやしわの治療をしているのに、日焼けをしてしまうと効果がなくなりますし、さらにシミを増やすことにもなります。
また、使用中は皮膚表面が敏感になるため刺激などに対しても注意が必要です。
このトレチノインは、水性ゲルですので、肌に塗りやすく非常に吸収も早く効果も出やすくなっています。
また、トレチノインの濃度(強さ)も数種類ありますので、初めての使用ではもっとも濃度の低いものから始めるのがいいようです。
使用方法の手順として、顔の余分な皮脂をとるために、きれいに洗顔します。
次に、ビタミンCを含む保湿ローションを使用します。
その後、トレチノインを塗布します。
シミの治療ですと、シミの部分のみに使用しますが、ニキビの場合には全体に薄く塗ります。
初めて使用する場合には、夜一回の塗布ですが、ある程度慣れてきたときには朝晩の使用も可能です。
但し、朝使用する場合は、しっかりと日焼け止めクリームを塗ることが必要です。
その後は、普通にメークすることができます。
注意点として、トレチノインの作用が強すぎる場合には、使用する濃度を低くすることが必要です。
また、効果がまったく出ない場合には濃度をあげる必要があります。
使用中、赤みが強くひりひりするようでしたら、しばらく休むことも必要です。
ただ、皮膚の皮がむける場合ですが、これはトレチノインがしっかり効いているということです。
しかし、皮がむけすぎて痛い場合には一時中断する必要があります。

▼気になるトレチノイン!通販はこちらからどうぞ!
トレチノイン配合ジェルを通販で購入
▼にきびの他にほくろ除去後の肌ケアにも
ほくろ除去のガイドブック
▼トレチノインを使う前に肝斑を知ろう
肝斑の原因とベストな治療法

ページトップへ